七福整骨院

2013年11月 1日 金曜日

介護予防のお話 3

こんにちは。七福の本田です。
「介護予防なんてまだ早い…」と思われる方へ、今回は「若年性認知症」について。

若年性認知症とは、65歳未満で発症する認知症の総称です。主な原因に脳血管障害、アルツハイマー病などがあります。

脳血管性認知症は男性に多く、高血圧の方や脳梗塞の経験がある方は要注意です。
ほかにも
・物忘れが多くなった
・計算ができなくなった
・喜怒哀楽が激しくなった
などの変化を見逃さないことも重要です。

アルツハイマー型認知症は、前駆症状として頭痛、めまい、不眠、不安感、自発性の低下などがあげられます。
さらに
・以前に比べて頑固になった
・他者への配慮がなくなった
など人格の変化が現れると危険信号です。

予防法としてはやはり睡眠・食事など生活習慣の改善と、適度な運動です。

そして、早期発見・早期治療のため、周囲が気づいてあげることも大切なことです。

投稿者 笑顔道整骨院

カレンダー

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30