みのる整骨院

2013年12月 9日 月曜日

ガラ軽

大学では経済学専攻でしたので、久しぶりに経済的な話を。


日本の軽自動車はガラパゴスではない 国際競争力高める源泉

作業が始まっている2014年度税制改正の焦点になっているのが、地方税である軽自動車税
(地方税の市町村税)の増税問題だ。

総務省は1984年以来の軽増税を目指すが、自動車業界は猛反発している。

「軽ユーザーは低所得の方が多く、弱い者イジメだ」(鈴木修スズキ会長兼社長)

「超高齢化が進む中、軽は地方の足。消費税増税に加え軽自動車税が上がるなど、決して容認できない」(伊奈功一ダイハツ工業会長)。

軽自動車税増税論は、消費税率が10%となる15年に廃止される自動車取得税(地方税の道府県税)の代替財源という性格で浮上して、まさにいま与党税調で協議されている。

フジサンケイビジネスアイより


軽自動車、これこそ庶民の足。

そんな足にも国は税負担を増やそうと・・・。

高級車や大排気量車の税率を上げるなら分かります。

でも低所得の庶民の足に重い足かせを履かせようとしています。

もっと税収を上げようと考えるなら

年末の無駄な道路工事を先に止めて下さい。

こうは言っても、この法案を争っている国会議員は

私たちが公平な投票で当選した庶民の代弁者。

結果、庶民の私たちの責任かもしれません。





投稿者 笑顔道整骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30