スタッフBLOG

2013年8月31日 土曜日

運動

こんにちは!
愛ロード整骨院の明才ち隼人です!!
早速、前回の続きである糖尿病の運動療法について書きます。

まず運動する前に医師の診断を受けましょう!!
運動をして良いのか、どの位運動していいのかのメディカルチェックを受けましょう。
医師の診断を受けてから運動開始!

糖尿病の治療としてもっとも効果的な運動は、酸素を十分に取り入れて行う中程度の強さの運動、いわゆる有酸素運動です。酸素を十分に取り込み、血糖や脂肪を効率よく燃焼しやすくなります。体的にはウォーキング、ゆっくりめのジョギング、サイクリング、水泳などを、ある程度の強さを持続して行うものです。
 有酸素運動の状態を感覚的にいうと、たとえば多少息切れはするものの、人と話しながら続けられる程度の運動ということもできます。ハアハアと息切れして会話がほとんどできないのは、運動が強すぎて酸素が十分に取り込めない状態です。一方、会話ができるくらい余裕のある状態では、運動が弱すぎて治療効果が見込めません。人と会話ができる程度の運動を15分以上続けると、体の酸素消費量が増え、血糖だけでなく、脂肪もエネルギー源として使うようになるため、血糖を下げ、また、血液中の脂肪や体重も減るようになります。
運動の前後は、準備運動、整理体操も忘れずにしてください。

これのような運動は現在、糖尿病になっている方だけではなくて予防としても効果的です。
健康とは、運動、栄養、睡眠をしっかりとることです。
健康になるために毎日運動しましょう!!








投稿者 笑顔道整骨院

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31