スタッフBLOG

2013年5月31日 金曜日

中野WALKER!!

こんにちは!
今日の天気最高です!!
なので朝から元気いっぱい、笑顔全開です!!

中野walkerが発売されたのですが
患者が経営されてるお店が2件のってました!!

立ち飲み屋 パニパニ 

ダイニングバー garret ガレット


中野に足を運んだ際には是非一度行ってみて下さい!!

柴田

投稿者 笑顔道整骨院 | 記事URL

2013年5月30日 木曜日

痛風

こんにちは!!
今日も愛ロード整骨院の明才地隼人が元気いっぱいでいきます!

昨日、梅雨入りとなりましたが晴れている時は暑いです。
そんな時はビール!おいしいですよね!!
しかし、ビールを飲みすぎると・・・
痛風になりやすくなります。

ってことで今日は痛風について書きたいと思います。
痛風とは高尿酸血症を原因とした関節炎を来す疾患です!!

名称は、「風が吹くだけで痛い」ことからきたと言われています。


患者の90%以上が男性です。
アルコールは痛風のリスクを高めるが、特にビールは最もリスクが高く、蒸留酒は少し高く、ワインは飲んでも痛風のリスクを高めません。

また、尿酸とはプリン体と呼ばれる物質の代謝産物であり、プリン体を多く摂取すると高尿酸血症、さらには痛風の引きがねとなると考えられますが、肉のみならず魚に含まれるプリン体も痛風のリスクを高めます。

しかし、野菜に含まれるプリン体(豆類に多い)は高めません。


そのほか、精神的ストレスや水分摂取の不足は発症の引きがねとなります。

特に水分摂取の不足に関しては、日常的に意識して水分を多めに取り、血中尿酸濃度を(排尿によって体外に出す事で)症状の発生を緩和する事も出来ると考えられています。

お体でお悩みの事がありましたら是非、ご相談ください。

投稿者 笑顔道整骨院 | 記事URL

2013年5月30日 木曜日

皆さんは大丈夫ですか??

こんにちは!!
ついに梅雨入りしましたね!!!
雨はやっぱり好きになれませんが
水にも感謝して過ごします。笑

おっしゃ!!
水に最高に感謝している柴田が今日もいきます!!!!

皆さんは生活習慣病ってご存知ですか??
今の日本では食べすぎと運動不足が主因の肥満、糖尿病、
高脂血症、高血圧、痛風などの生活習慣病の増加が問題になっています。

食べ過ぎや運動不足は自分で少し意識すれば
すぐにでも改善できますよね。
少しずつでもいいので食事を改善し、適度に運動し
これからも長年連れ添う自分の体を大切にしてあげましょう!!

お体の事で何か悩みがあったら気軽にご相談ください。




すべては患者様の笑顔のために。。。



投稿者 笑顔道整骨院 | 記事URL

2013年5月29日 水曜日

知識

こんばんは!

今週の水曜も院長鈴木が更新いたします!

最近、交通事故の担当弁護士さんの書いた本を

読んで思ったこと書きます。

本来は被害者を守るための制度である

自賠責保険ですが

保険会社の色々なやり方や

法律じたいもそうですが

我々国民が知らないことで痛い目をみる

という事がとても多く歯がゆく感じました。

知っていれば防げた!知っていれば泣き寝入りをせずにすんだ!

そんなことが無いよう、まずは我々プロが正しい知識を持つ事が大切だと感じました!

知らないことは罪ではない!これからたくさん知ることが出来るチャンスです☆

笑顔道グループは交通事故知識・治療経験豊富な先生がたくさんいます。

皆さん、お気軽にお近くの笑顔道グループ整骨院まで

お問い合わせください!





投稿者 笑顔道整骨院 | 記事URL

2013年5月29日 水曜日

外反母趾

こんにちは!!
愛ロード整骨院、明才地隼人です!!

今日は、愛ロード整骨院のアイドル!!
コンシェルジュの江橋ちゃんが外反母趾でお悩みとのことなので、外反母趾について書きます!!

外反母趾とは・・・「足の親指が外側(小指側)に曲がる」病気です。この親指の曲がりがひどくなると、足が痛くて歩けなくなり、足は変形して、普通の靴が履けなくなります。その上、痛くて無理な歩き方をしていると、脚が疲れやすく、膝や股関節まで痛みます。

外反母趾の症状が軽いうちは、きつい靴を履くのをやめると、痛みはやわらぎます。しかし、一度、外反母趾になると、ハイヒールをやめて痛みが軽くなっても、親指の曲がりは、歩くだけで自然に進行するのです。ですから、痛みが軽くなったといって油断すると、年をとってから変形がひどくなり、痛みも再発してくることになります。

そして、外反母趾が進むと、親指以外の指も外側に曲がり、脱臼したり、槌趾(つちゆび:足の指)が、くの字に曲がって固まってしまい、伸ばすことが困難な状態になったりします。
また、足の中にある筋肉が弱り、縦、横のアーチが破綻することが、外反母趾の原因の一つにあげられています。また、アーチの破綻そのものが扁平足、開張足の原因にもなります。

そこで、単に親指を外転させ、内反位に矯正するための母趾外転筋だけを訓練するのではなく、靴をはいて、平坦な硬い床の上で生活するために、退化してきたといわれる足の中の小さな筋肉群を強化する必要があります。

これには、足指の屈伸運動と開閉運動を行います。それには、足の指で床に敷いたタオルをたぐり寄せたり、滑りやすい床の上を指でまねいて前進するのがよい運動です。慣れないうちは椅子に座ってやれば簡単です。

またパチンコ玉やビー玉があれば、これを指ではさんで持ち上げ移動させてみてください。箱を用意してその中に入れてみてください。とてもよい開閉運動になります。もちろん、スリッパのかわりにゴム草履をはいたり、下駄や草履で散歩してみるのもよいでしょう。運動療法と装具療法が一度にできることになります。


愛ロード整骨院では、外反母趾矯正やテーピングでの治療をやっています。
外反母趾でお悩みの方は是非、ご相談ください。

投稿者 笑顔道整骨院 | 記事URL

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30