スタッフBLOG

2013年11月29日 金曜日

ストレッチ

こんにちは!!
駒込中里整骨院の明才地です(^_^;)

今日はストレッチでよくある間違いについて書きたいと思います!!
なぜストレッチの間違えを書くかって?
患者さんでこんなストレッチしました。
と言われますが、それは間違てますと・・・

では、そんなよくある間違いを紹介します。

1、痛いのをガマンすれば体が柔らかくなる・・・

 痛みをガマンしなくても柔らかくなります。
気持ちいい範囲でやりましょう。

「こんなに痛いのに耐えたのだから、柔らかくなるはず」
「痛いのに耐えないと、柔らかくならない」
と思っている人、いませんか?

でも、そうじゃないんです。

痛いのをガマンするほどのストレッチをすると、
体は筋肉を守ろうとして、逆に筋肉を固くしてしまうのです。

痛いものは、楽しくないので続きません。
ストレッチは、痛くない範囲でやりましょう。

2、ストレッチは長くすればするほどいい

 ストレッチは30秒以上に長くする必要はありません

30秒より長くしても、そこからはあまり効果が上がらないみたいです。
後ほど書きますが、短いストレッチを何回もした方が、
効果があるようなのです。

3、硬い方をたくさんやるべき

  柔らかい方を先に、多めにやりましょう

硬い方のストレッチを多くする人が
多いと思います。


でも、不思議なことに、
柔らかい方を先にやると、
硬い方も進むようになっていたりする
のです。

ストレッチで一番大事なのは気持ちいと思うところが丁度よいということです。
また、お風呂上りにやることで筋肉が柔らかくなりますのでストレッチの効果があがります!!


では最後に・・・
夢は逃げない。逃げるのはいつも自分。

よしッ今日も名言が出た!!
今日も一日元気よくいきまーす(*^_^*)




投稿者 笑顔道整骨院

カレンダー

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30