スタッフBLOG

2018年9月18日 火曜日

ツボナビ【 耳鳴り・難聴 】

皆様こんにちはhappy01
やってきましたsign018がつく日は鍼灸の日sign03

S__29892611.jpg

今回は耳鳴り・難聴についてお話させていただきます。


一般的に、耳鳴りは難聴をともなうことが多いので、
加齢による聴力の低下や、
大きな音を聞き続けたために耳の聞こえが悪くなったことが
原因だと思っている方も少なくないと思います。
 

現代医学では、多くの耳鳴りは原因不明だったり、
有効な治療法がほとんどないといわれています。
そこで使うのがツボですsign03
 

東洋医学では、耳鳴りの原因を
腎、脾、肝の異常と考えています。
 

diamond腎の異常によるめまい

東洋医学では、腎は耳と関係が深いとされています。

加齢や過度の労働による疲労、過度の飲酒、
長引く病気は腎の異常を引き起こします。
しだいに耳の聞こえが悪くなり、
音の小さな耳鳴りやセミが鳴くような(ジジジといった感じです)
耳鳴りがするのが特徴です。 

また、寝汗をかく、口が渇く、手のひらや足裏、
首が熱くわずらわしく感じる、寒がる、手足が冷える、
下痢が続く、体がだるく力が入らない、膝や腰の力が入らず痛む
といった症状をともなうことがあります。
 

>>>>太渓(たいけい)

S__29892612.jpg
 

diamond肝の異常でおこるめまい

ストレスや、我慢の多い生活、
長期間の気分の落ち込みなどは肝のはたらきを悪くします。

肝の異常でなぜ耳鳴りがおきるのかsign02

主に特徴は、ストレスや精神的な緊張などによって耳鳴りが悪化し、
日によって耳鳴りの大きさがちがう、
耳や頭がはれるように痛むことが多いことです。

また、イライラしやすかったり、
すぐに腹が立つようになったり、口の中が苦く感じたり、
眠れなくなったりなどの症状をともなうことがあります。
 

>>>>太衝(たいしょう)

S__29892613.jpg

diamond脾の異常によるめまい

脾は食べ物から栄養やエネルギーを
体に取り込むはたらきをしています。

脾の調子が悪くなると、栄養やエネルギーが不足し、
耳が正常に機能しなくなり耳鳴りがおこる場合があります。
脾は食事の乱れ(食べすぎ飲みすぎ、過度の食事制限)、
ひどく思い悩んだりすることで調子をくずします。

比較的高い音の耳鳴りと、体が疲れると耳が聞こえにくくなったり、
耳鳴りがひどくなったりするのが特徴で、
食欲がない、どうも元気が出ない、
疲れやすいなどの症状がともなうことがあります
 

>>>>太白(たいはく)

S__29892614.jpg

diamond主に使うツボ
聴会(ちょうえ)
耳門(じもん)
聴宮(ちょうきゅう)
角孫(かくそん)
翳風(えいふう)


S__29892615.jpg

今回は大きく3つの分類に分けていますが、
混合している症状も多いです。

これらのツボを押したりもんだりしてみてくださいね。

その他お身体でお悩みお困りの方がいらっしゃいましたら、
お気軽にお近くの笑顔道にご相談くださいnote

心よりお待ちしておりますclover
 

S__29892620.jpg


happy01すべては患者様の笑顔のためにhappy01

heart04最後まで読んでいただきありがとうございます。heart04
 

 



投稿者 笑顔道整骨院

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31