溝の口整骨院

2015年5月18日 月曜日

五本指靴下の重ねばきの方法

こんにちは!川崎市高津区にある笑顔道溝の口整骨院の土屋です。

靴下は絹を肌側に、少なくとも5枚はくといいですよ。

「頭寒足熱~ずかんそくねつ~」にするためには、一枚では足りません。

一番肌に近い五本指靴下は毒をよく吸ってくれる絹です。

次に吸収力の高い木綿の靴下をはきます。

化繊の靴下はよくありあせん。

二枚目からは、五本指靴下ではなく、普通の靴下です。
次に絹の靴下をはき、木綿の靴下と重ねます。
一番最後にはく靴下は化繊が混ざったものでもよいです。

絹の靴下五枚ではなく、絹・木綿・毛など、交互に重ねたほうが毒を良く出します。





投稿者 笑顔道整骨院

カレンダー

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30